インスタグラムを2年やってきてわかったあれこれ

インスタグラムのフォロワー増やし方や活用法など紹介していくブログです。迷走している自覚あります。

インスタグラムでハッシュタグを活用して有名インスタグラマーに!?

移転しました。

不特定多数の人がネットを通じて交流することができるSNSは、時代と共にその数を増していき、その内容も多岐にわたっています。 f:id:instagram_lover:20170410121925j:plain

インスタグラムも、そんなSNSのひとつです。この最大の特徴は、これまでのSNSが文字メインであったのに対し、写真をメインにしていると言う点です。そのため文字を書くのが、文章を考えるのが苦手と言う人でも、気軽に利用できると言う魅力があります。更に閲覧する側にとっても、“文章を読まなくていい”“写真を見るだけで交流できる”ので、やはり気軽だけと言えます。写真は、時に文章であれこれと語るより、雄弁に状況や心情を物語ります。そのためアート性の高さを表現することができる手段として、たちまち人気を得て、現在では芸能人などの著名人は勿論のこと、一般の人も数多く利用しています。そんなインスタグラムの利用に際しては、いくつか知っておきたい言葉があります。そのひとつがハッシュタグ(#)”と呼ばれる言葉です。

○どんな画像かわかりやすくするハッシュタグ

f:id:instagram_lover:20170410122107p:plain

この画面で写真を見た時には、その写真を説明する文章などが書かれていることがあります。そしてそれと共に、シャープ記号とその後に続く文章も書かれています。ハッシュタグは、このシャープ記号(#)とその後に続く文章のことです。これは、“アップされた写真を検索の対象にする”と言う役割を果たしています。たとえば、自分と愛犬を撮影した写真をアップしたとします。そしてこれに、シャープ記号の後に愛犬、とか、ペットと言う言葉を続けたとします。それがこの写真のハッシュタグになります。

 f:id:instagram_lover:20170410122311p:plain

するとこの写真を見た人は、写真に貼付されているハッシュタグをクリックするだけで、“別の人があげている同じタグがつけられている写真を閲覧する”ことが可能となります。あるいは、そのタグをインスタグラムの検索にかけることで、同じタグをつけている写真を探し出すことができるようになります。

インスタグラムにあげられている写真は、当然のことですが膨大な数に上ります。その中で、たとえば自分が見たいキーワードに関連したと思われる写真だけを見たいと思った時、また自分の好きな芸能人などに関連した写真などを見たいと思った時、検索である程度の絞り込みを行わなければ、それを見つけ出すのは至難の業です。その絞り込みのために利用されるのがハッシュタグと言うことです。ですから逆を言えば、“インスタグラムにあげた写真を検索の対象から外したいと言う場合は、このタグをつけないこと”でそれを実現することができます。

ハッシュタグのルール!

f:id:instagram_lover:20170410122655p:plain

ハッシュタグにはいくつかのルールがあり、まずは自分の好きな言葉を使用できると言う点が挙げられます。この言葉の中には、絵文字も含まれています。たとえば先に例に出した愛犬、ペットと言う言葉でも、自分のニックネームや、自分しか知らない情報、あまり使われていない絵文字などと組み合わせることでタグを作成することができます。それにより自分がその写真を振り返りたい、見返したいと思った時に、より検索に引っかかりやすくなります。また限定的な情報と組み合わせることで、検索としては引っかかりにくくなることから、自分と親しい人にだけ写真を見て欲しいと言う時にも、このようなタグは効力を発揮します。

f:id:instagram_lover:20170410122919p:plain   それから一度に、いくつでもつけることができると言うのもルールです。先例の愛犬との写真でも、愛犬と言うタグの他に、その犬の種類、入手した方法、年齢、性格と言ったあらゆる情報をタグとして掲載することができると言うことです。そうすることにより、より検索に引っかかりやすくなり、たくさんの人に写真を閲覧してもらうことが期待できます。

また写真に対する情報量が多くなることで、“写真を閲覧している人と共通の話題が見つかりやすくなる”と言うのも、複数、タグをつけることの魅力です。ただしあまりにも数が多く、だらだらと続くと、見ている人によっては数多すぎると感じることもあり、逆効果になってしまう可能性もあります。

f:id:instagram_lover:20170410123007p:plain ですからほどほどの数に抑えておくのが望ましいです。それからこのタグをつけた投稿が検索対象となるのは、このタグが写真の説明文内でつけられている時のみです。これはどう言うことかと言うと、インスタグラムにおいてはコメント欄があります。誰かの写真を見て、コメント欄にその感想などを書き込んだ際にこのタグを利用したとしても、そのタグは検索のための機能を果たさないと言うことです。このタグのつけ方は簡単で、記号のシャープの後に、検索で引っかかりたい言葉を入力するだけです。

写真を説明する文章の途中、最後、どこにでもつけることができます。説明文が長くなってしまうそうな時などは、その途中にこのタグを入れると効果的です。ただしひとつ、気をつけたい点があり、それが“タグの前後に半角のスペースを入れる必要がある”と言う点です。この半角スペースが前後に挿入されていないと、検索用の言葉としての役割を果たさないので気をつけて下さい。なお半角スペースは、タグの数が1つであっても、複数であっても、1つのタグにつきその前後に入れることが必要です。

参考記事はこちら↓

colorful-instagram.com