インスタグラムを2年やってきてわかったあれこれ

インスタグラムのフォロワー増やし方や活用法など紹介していくブログです。迷走している自覚あります。

インスタグラムのライブ配信で新しい楽しみ方を発見!

移転しました。

f:id:instagram_lover:20170525114712j:plain

ライブ配信のサービスをスタートさせるSNSアプリが増えていた中、インスタグラムでも同様のツールを利用できるようになりました。最初は海外だけのリリースとなっていましたが、2017年1月から日本でも利用できるようになっています。“リアルタイムでの配信が可能”となっていますので、従来の投稿をするだけの機能とは違った楽しみ方ができます。

使い方は簡単です。ストーリーの機能の一部となっていますから、まずストーリーをタップします。

f:id:instagram_lover:20170525115044p:plain

すると画面の下部に「LIVE」という表示がありますので、続いてそこをタップします。「接続を確認中です」という表示が出た後、3秒のカウントダウンが始まり、それからライブ配信をスタートする流れです。

f:id:instagram_lover:20170525115121p:plain

もし、誤ってタップをしてしまった時でも、キャンセルの表示がありますので、すぐに中止することが可能です。

配信中はカメラを切り替えたりコメントを投稿したりすることができます。コメントをオフにすることができますので、批判的な内容への対策やコメントが不要な時でも安心です。 どの程度の人が視聴してくれているのかを確認するには、“左上のカウンター”を見ます。視聴者がゼロの時は表示されませんが、視聴者がいる場合はカウンター表示で状況をチェックしてみることができます。

f:id:instagram_lover:20170525115149p:plain

終了したい時には、画面右上に「終了」という表示があるため、配信もすぐにストップさせることが可能です。なお、終了した際に、「保存する」という表示が現れますが、そこをタップすると配信した動画を保存しておくことができます。ただしコメントなどの情報は消えてしまいますので、ただの動画としてしか確認することはできません。

f:id:instagram_lover:20170525115211p:plain

配信が終了した後は自動で動画が消えるようになっています。配信する側の場合は保存をすることができますが、視聴者の場合は保存をすることができないため、観る側は基本的には配信中のみ楽しむというシステムとなっています。

ライブ配信の機能を活用することで、より広がりのある楽しみ方をすることができますが、メリットとしてはリアルタイムに視聴者とのコミュニケーションを楽しめることでしょう。

   従来のように写真や動画を投稿してリアクションを得るというものと異なり、その瞬間でのコミュニケーションができますので、多様性のある活用法が可能となります。

f:id:instagram_lover:20170427142625j:plain           

時には視聴者からのリクエストに応えるような動画を配信することも可能なため、まるで目の前でやりとりをしているかのような活用ができ、言わば視聴者参加型の動画とも言えるでしょう。  

リアルタイムでの配信ですと、時には悪質なユーザーが妨害してくる可能性もありますが、そういった時でも前述したようにコメントをオフにするなどして対策することもできますので安心です。

リアルタイムのために編集や加工ができないことも魅力のひとつと言えるでしょう。

正に今の状況・状態をそのまま配信することができる機能であり、一切の手を加えることはできません。

        それによってコンテンツとしての信頼性も高まります。手が加えられていることもある写真などと違い、リアルを感じてもらうことができますから、温度を感じさせる繋がり方ができるのです。

リアルタイムですので配信者も利用方法には注意しなければいけないと言えるでしょう。ネットでリアルタイムに繋がるという感覚は薄いせいか、犯罪に繋がるような内容を配信する恐れもありますが、気軽な気持ちでやったことが大きな問題になってしまうこともあります。配信する際のマナーやモラルをしっかりと守って活用することが求められます。

ライブ配信は個人で楽しまれているのがメインでもありますが、活用法次第では“企業などのプロモーション活動などにも役立てることが可能”です。従来のマーケティング戦略と異なり、多額のコストをかけることなく活用することができますので、時には優秀なコンテンツになってくれることでしょう。

f:id:instagram_lover:20170427143713j:plain

無論、個人でも自身のスキルを売り込むなどして、動画投稿サイトのような宣伝媒体としても役立ってくれます。しかもリアルタイムでの配信ですので信憑性も高く、撮影した動画を投稿するのとはまた違った面白みを感じさせることができるはずです。

現にライブ配信は様々な面で有効活用されているのですが、例えばイベントが配信されることもあります。わざわざコンテンツとして制作をする必要がなく、配信をするだけでアピールをすることができ、リアルタイムの熱を届けることができます。

他にも著名人へのインタビューがされている様子や、会場に来れない人に向けてセミナーを配信する、リクエストのあった施設などを紹介するなどの活用法があります。ライブ配信には様々な活用法があり、“世界を広げながら距離感も近くしてくれる画期的なツール”と言えます。

特にインスタグラムは世界的に多くのユーザーがいるツールですので、配信による影響は無限大です。アイデア次第でいくらでも世界を広げていけることでしょう。